ATMによる1日あたりのご利用限度額について

JA北河内では、昨今のキャッシュカード犯罪の社会問題化を踏まえ、偽造・盗難カードによる被害からお客様の貯金をお守りするため、平成18年10月2日よりICキャッシュカードの取扱いを開始しておりますが、このたび、ICキャッシュカードの利用に関する相互提携により、ATMによる1日あたりのご利用限度額を以下のとおり改定させていただきますのでご案内申しあげますとともに、何卒ご理解くださいますようよろしくお願い申しあげます。

1 ご利用限度額改定日

平成19年5月6日(日)より

2 当組合で設定しているご利用限度額

(1)JAのATMをご利用の場合

   磁気のみ対応のATM IC対応のATM
生体認証なし 生体認証あり
磁気キャッシュカード 50万円
ICキャッシュカード 50万円 100万円 200万円

(2)他行のATMをご利用の場合

   磁気のみ対応のATM IC対応のATM
生体認証なし 生体認証あり
磁気キャッシュカード 50万円
ICキャッシュカード 50万円 100万円

※ 他行のATMは当JAの生体認証ICキャッシュカードに対応していないため、ICキャッシュカードとしてご利用いただくことになります。
また、他行でのICキャッシュカードのご利用については、IC対応のATM利用限度額が適用されるのは、ATMのIC化対応が完了している場合となります。詳しくはご利用金融機関にお問い合わせください。
※ セブン銀行については、平成19年5月13日まではIC対応のATMで当JAのICキャッシュカードを利用しても磁気キャッシュカードと同様の限度額となります。

(注意事項)
  1. 対象となるお取引はキャッシュカードによるお引き出しです(振替、振込を含む)。(2)には郵便局でのお引き出し、デビットカードによるお取引を含みます。
  2. 1日あたりのご利用限度額を超えるお取引は窓口にてお取り扱いいたします。
  3. ご利用限度額は1回あたりのお取引額を累積して管理いたします。
  4. ICキャッシュカードは磁気ストライプカード機能も有しており、ICキャッシュカードに対応していないATMでは磁気ストライプカードとしてご利用いただくこととなります。(例えば、(1)の場合、ICキャッシュカードを用いてIC対応のATMから50万円引き出した後、磁気のみ対応のATMから引き出すことはできません。)
  5. お取扱いにかかる手数料は「ご利用限度額」に含みません。

3 1日あたり口座単位利用限度額の個別設定のお手続きについて

上記ご利用限度額は、当組合が定めている個別設定額の範囲内で、お客様のご希望する限度額に変更することができます。個別設定額についてはJA窓口でお問い合わせください。ご利用限度額の変更をご希望する場合もJA窓口にてお手続きください。

なお、お手続きの際には、ご本人である確認をいたしますので、本人確認資料(運転免許証、健康保険証等)のご提示をお願いいたします。